10年前にその駅周辺で専有面積70m2のファミリー向け新築マンションを購入してすぐに賃貸に出し、つい最近、何らかの手段で賃貸借契約を解消して売却したとすると、賃貸収入と売却益で6000万円近い利益を出せる計算が成り立つエリアが東京にあるそうです。 その試算によると、10年前の購入価格は5018万円。金利負担や税・手数料は考慮外ですが、売却額と10年間の賃貸収入の合計は1億945万円(売却益2029万円、賃料収入3898万円)に上り、購入価格との差額は5927万円もあります。10年間の単純利回りは218.1%。購入価格以上の利益を確保できることになります。 “借金してでも購入する価値があった”といえそうなこの駅、いったいどこでしょうか。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら