駅前の風景変える看板ビル建て替え

大名古屋ビルヂング(2015年竣工)

 名古屋駅東口の看板的存在だった大名古屋ビルヂングと、ロイヤルパークイン名古屋の敷地を一体化して建て替える。地上34階建てで、17階以上がオフィス。地下1階~地上3階が商業、4階が金融、5階がビジネスサポートゾーン。5階には屋上庭園も設ける。

 建築基準法で定められた耐震性を1.5倍程度上回る性能を確保。1階や地下接続部に高さ1mの防潮板を設け、集中豪雨に備える。地下には約1000台の大規模機械式駐輪場を設ける。

(以下の資料は、当該プロジェクトの設計者もしくは施工者、発注者の提供。概要中の「─」は未定または非公表を示す)

大名古屋ビルヂング

所在地:名古屋市中村区名駅3-27ほか
発注者・事業者:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
竣工時期:2015年10月
オープン時期:2015年11月(商業を含めた全館開業は2016年3月)
構造:S造・一部SRC造
階数:地下4階・地上34階
延べ面積:約14万7000m2