2014年10月5日未明、最終電車が走り去った東京・渋谷のJR山手線。真夜中にスズムシの声が響くなか、JR渋谷駅から南に700mほど離れた場所に架かっていた旧東急東横線のトラス橋が、一晩で線路上空から姿を消した。

86年間活躍した旧東急東横線のトラス橋。舞台から身を引くように、そろりと下手(写真左)に向かって移動した。緑色の桁は仮設の工事桁。橋の下にはJR山手線や埼京線などが通る。北側から撮影(写真:ケンプラッツ)

 トラス橋は1927年8月から2013年3月まで、渋谷と横浜方面を結ぶ東横線の鉄道橋として86年間にわたって使われてきた。「複線下路鋼構桁」と呼ぶ形式で、支間長は31.699m、重さは123.3トン。約63度の角度でJR山手線を斜めにまたぐ。

 トラス橋は東横線の渋谷―代官山駅間に位置する。同区間は開業以来、主に高架だったものの、13年3月に地下化。役目を終えた橋は、撤去されることになった。

 橋の所有者は東急電鉄(東急)だが、JRの線路と交差する部分の工事は特別な安全管理などが求められる。そこで、東急は東日本旅客鉄道(JR東日本)に工事を委託。JR東日本から工事を受注した鉄建・鹿島・大林組JV(共同企業体)が撤去作業を担った。

 鉄建JVが採用した撤去方法は「工事桁を使った吊り上げ引き出し工法」だ。

撤去したトラス橋の位置(資料:ケンプラッツ)

トラス橋にはかつて東急東横線が走っていた。2011年12月に南側から撮影。現在の東横線は地下化され、橋のほぼ真下をトンネルが通っている(写真:JR東日本)