国内3例目のSENS工法で掘削

 羽沢駅の西端には円形断面のトンネルが口を開け、相鉄線西谷駅とを結ぶ地下線につながっている。羽沢─西谷間は地下区間が1930mで、地下区間のうち約1440mは「西谷トンネル」と呼ばれるシールドトンネルとなっている。施工者は大成建設を幹事会社とするJV。

 西谷トンネルは掘削外径10.46mの複線トンネルで、日本で3例目となる「SENS」工法によって施工した。一般的なシールド工法では掘り進めながらセグメントと呼ばれる壁となる部材を組み立てていくが、SENS工法ではセグメントを使わず、掘進と同時にコンクリートを打設してトンネルを支える。

 つまりSENS工法はシールド工法とNATM工法を組み合わせたような工法だ。セグメントが不要なうえ、NATMと違って補助工法も不要なので、施工期間の短縮やコストダウンが図れる。従来の2例は新幹線の建設工事だったため、都市部の地下トンネルでは西谷トンネルが初の採用という。

駅西側、西谷駅方を望む。うっすらと奥に見える円形のトンネルが西谷トンネル(写真:小佐野カゲトシ)

西谷トンネルの全長は1441mで、西谷─羽沢間の大半を占める(資料:鉄道・運輸機構の資料をもとに小佐野カゲトシが作成)

横浜方面から西谷駅に進入する電車。相鉄・JR直通線はこの付近の下をくぐって羽沢方面へ向かう(写真:小佐野カゲトシ)