「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)が開業した6月11日、ビルの足元の路上に2つのオープンカフェが誕生した。目指すのはパリのシャンゼリゼ通りだ。虎ノ門から新橋まで延びる環状2号線(新虎通り)沿道では街並み再生のルールが決定。昭和のオフィス街が大きく変わろうとしている。


 地上52階建て、高さ247mの超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」(東京都港区)が開業した6月11日、ビルの足元でもちょっとした変化があった。虎ノ門から新橋までを結ぶ「新虎通り」にオープンカフェが2店舗誕生したのだ。

 歩道上にパラソルを広げた両オープンカフェは、東京都が進める「東京シャンゼリゼプロジェクト」の第1号として設けられた。観光客のほか近隣のオフィス街や官庁街に勤める人々が気軽に立ち寄り、にぎわいを生んでいる。

新虎通りの歩道上にパラソルを広げたオープンカフェ(写真:介川 亜紀)

もう1カ所のオープンカフェ。こちらは沿道に本社を構えるキーコーヒーが運営する(写真:介川 亜紀)

 新虎通りは、2014年3月に虎ノ門―新橋間で開通した延長約1.4kmの都市計画道路環状2号線のうち、地上部の道路に付けられた愛称だ。

 虎ノ門から新橋に向かう環状2号線は、虎ノ門ヒルズの真下で自動車専用の「築地虎ノ門トンネル」と、トンネル上の地上部を通る新虎通りとに分かれる。自動車の多くが地下のトンネルを走るので、地上の新虎通りは車道を2車線だけ設ければ済む。その結果、新虎通りには車道の左右にそれぞれ幅13mもある広い歩道をつくることができた。

環状2号線の縦断図。図中の「III街区」に虎ノ門ヒルズが建つ(資料:東京都)

虎ノ門側から見た虎ノ門ヒルズ。写真手前が環状2号線で、ビルの真下から自動車専用のトンネルに入る(写真:森ビル)

虎ノ門ヒルズから新橋方向に新虎通りを見る。道路の幅は約40m。地下に環状2号線の自動車専用トンネルが通るので、地上の車は少ない。広い歩道にオープンカフェや植栽を設けた。写真右はガラス張りのデザインを施したトンネルの換気塔(写真:ケンプラッツ)

 虎ノ門や新橋は都心に古くからあるオフィス街で、周辺には中小のビルが密集している。東京都は虎ノ門ヒルズの開業や新虎通りの整備を契機に、フランス・パリのシャンゼリゼ通りのようなにぎやかな街に生まれ変わらせる計画だ。

 2カ所のオープンカフェはそれぞれ5台ほどのテーブルと椅子を並べた小規模なものだが、都市再生の起爆剤として大きな役割を担う。

虎ノ門ヒルズのオフィスから新虎通りを見る。14年6月に撮影(写真:ケンプラッツ)

環状2号線の着工前の様子。上の写真とほぼ同じ場所を撮影した。環状2号線の整備は1946年に都市計画決定されたものの、用地買収などの交渉が難航。事業は半世紀近く凍結状態となっていた(写真:森ビル)