超高層マンションが増加

 としまエコミューゼタウンの周辺には、既に数棟の超高層マンションが建っている。大型プロジェクトとしては、2007年に42階建てのエアライズタワー、2011年に52階建てのアウルタワーが竣工した。

 現在も住友不動産が31階建てのグランドミレーニア(総戸数:411戸)を建設中で、2015年3月下旬の完成を予定している。池袋駅と目白駅のほぼ中間に位置しており、池袋エリアとしては南端に当たる。エリアのにぎわいに広がりを持たせるのに一役買いそうだ。超高層ながら免震構造を採り入れるなどして差異化を図っている。

東北側からエアライズタワー(写真左)、アウルタワー(右)を見る(写真:赤坂 麻実)

グランドミレーニアの建設現場。設計と施工は前田建設工業(写真:赤坂 麻実)

グランドミレーニアの建設現場をサンシャイン60から見る。完成すれば頭一つ抜けそうだ。右側のカーブした線路は西武池袋線(写真:赤坂 麻実)