インダストリアルデザイナーの山中俊治氏は、2012年から13年にかけて、慶応義塾大学で「防災情報社会のデザイン」をテーマに授業を行った。国家政策ともコミュニティーのローカルな活動とも異なるアプローチから、防災におけるデザインの役割、考え方などについて語ってもらった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!