高血圧症患者とその予備軍は、日本全国で4000万人といわれる。高血圧症治療の基礎は、継続的な家庭血圧のコントロールにある。患者の多くは血圧手帳を配布され、日々の家庭血圧の測定・管理を勧められているが、データ記録・管理の煩雑さから、途中で頓挫するケースが多い。「医師と患者が情報交換できる血圧測定・管理ツールがないか」と長年考えていた大久伝内科(愛知県豊明市)の寺田正樹院長は、オムロンヘルスケアの「メディカルリンク(MedicalLINK)」を利用し、家庭血圧管理の徹底を促進すると同時に、医師と“つながっている” ことで、患者の安心感の醸成にも役立てている。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら