左:「漆喰は紙のように柔らかな白さがあり、さらに壁が紙のように薄いことで、空間が瞬間的に切り替わる」と永山氏。ステンレスメッシュの間仕切りは、簾のように上から吊るしてある 右:道路側からも、席に座ると中庭を見通せる。「ろうそくの光のような、暖かい反射光にしたかった」という大テーブルは、天板に真ちゅうの表面処理剤を採用。総支配人の大野和也氏は「レストランやホテル全体のデザインの特徴はスタッフ全員で知識を共有し、ホテルの個性としてお客様への情報発信に努めている」と語る(写真:生田将人)
左:「漆喰は紙のように柔らかな白さがあり、さらに壁が紙のように薄いことで、空間が瞬間的に切り替わる」と永山氏。ステンレスメッシュの間仕切りは、簾のように上から吊るしてある 右:道路側からも、席に座ると中庭を見通せる。「ろうそくの光のような、暖かい反射光にしたかった」という大テーブルは、天板に真ちゅうの表面処理剤を採用。総支配人の大野和也氏は「レストランやホテル全体のデザインの特徴はスタッフ全員で知識を共有し、ホテルの個性としてお客様への情報発信に努めている」と語る(写真:生田将人)

リノベ事例、今の時代に合う「生きた保存」を