蔵は敷地の北西の角に建っている。再利用に当たり、構造材の接合部を金物で固定するなどの補強工事を施し、漆喰壁や屋根瓦の補修を行った。これに隣接する京町家のファサードの1階がレストラン。糸屋格子はけんどん式で、祇園祭で山鉾が目の前を巡行する時などは格子を外せる。京町家は連続性が大切であることから、このファサードの端部は切妻型で漆喰塗り。また、軒を支える部分は木造で、腕木を出すなど軸組本来の姿に沿って再現した(写真:生田将人)
蔵は敷地の北西の角に建っている。再利用に当たり、構造材の接合部を金物で固定するなどの補強工事を施し、漆喰壁や屋根瓦の補修を行った。これに隣接する京町家のファサードの1階がレストラン。糸屋格子はけんどん式で、祇園祭で山鉾が目の前を巡行する時などは格子を外せる。京町家は連続性が大切であることから、このファサードの端部は切妻型で漆喰塗り。また、軒を支える部分は木造で、腕木を出すなど軸組本来の姿に沿って再現した(写真:生田将人)

リノベ事例、今の時代に合う「生きた保存」を