六本木ヒルズの場合は統一管理者の森ビルが「タウンマネジメント」を担い、これを周辺の「エリア」に広げる、という考え方を取る。地域の防災拠点となる「逃げ込めるまち」を標榜し、独自の要綱を作成して震災対策を進めてきた。写真は、住民、事業者などで組織する「六本木ヒルズ自治会」による震災訓練の様子 (写真:森ビル)
六本木ヒルズの場合は統一管理者の森ビルが「タウンマネジメント」を担い、これを周辺の「エリア」に広げる、という考え方を取る。地域の防災拠点となる「逃げ込めるまち」を標榜し、独自の要綱を作成して震災対策を進めてきた。写真は、住民、事業者などで組織する「六本木ヒルズ自治会」による震災訓練の様子 (写真:森ビル)

安全・安心でエリア価値向上、小林重敬教授に聞く