協定緑地は宅地の道路に面した一部を地権者が出し合う。大中小の異なるサイズの樹木を「協定樹木位置図」に沿って植栽、最初は町が景観協定に基づいて整備する。維持管理は地権者で組織する景観協定運営委員が行う。そのほか、統一デザインの門柱を立て常夜灯をともすなどのルールもある(資料:紫波町)
協定緑地は宅地の道路に面した一部を地権者が出し合う。大中小の異なるサイズの樹木を「協定樹木位置図」に沿って植栽、最初は町が景観協定に基づいて整備する。維持管理は地権者で組織する景観協定運営委員が行う。そのほか、統一デザインの門柱を立て常夜灯をともすなどのルールもある(資料:紫波町)

「エコ住宅」が分譲条件、オガールタウン