東日本大震災を受け、被災地により良い仮設住宅を届けようと、数多くの建築関係者が提案を行った。しかし実現への道のりは極めて厳しく、嘆く声は少なくない。そんななか、岩手県の遠野市と釜石市に実現した「コミュニティケア型仮設住宅」の原動力となったのが、東京大学大学院准教授で建築計画学者の大月敏雄氏だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら