S字を描いて続く階段。その合間に居室を配したような空間構成がこの住宅の最大の特徴だ。3本の柱に巻き付くように、階段と床が連なり、カーブの向こう側には、「見えない部分」ができる。その「見えなさ加減」が、居心地の良さをつくり出す。平田晃久氏に設計意図を聞いた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら