若手建築家の登竜門として定評を得ている東京建築士会の住宅建築賞。2011年も131点の応募を集め、5点の入賞作品が選ばれたが、最優秀に相当する金賞は「該当者なし」という結果となった。審査委員長の塚本由晴氏に、金賞なしに至った理由を語ってもらった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら