全国の卒業設計展の中から主要な9件を選んで、前回に引き続き、その傾向について見てみる。それぞれ出展作品数と受賞者数を比較してみると、受賞しやすい卒制展がどれなのか分かってくる。審査員の中には複数のイベントを掛け持ちする引っ張りだこの若手建築家もいる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら