2010年に日本設計の「顔」となる代表アーキテクトに就いた大坪泰氏。自身の設計活動に加えて、社内全体のデザインのレベルアップを図るとともに、社外に向けての広報活動を担う。個人では、知的生産性の向上をテーマに掲げ、ワークプレイスの設計に取り組んでいる。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら