内窓のポイント還元率は新築エコ住宅の約10倍!

 住宅版エコポイント制度に定められたエコ住宅を新築した場合の発行ポイントは、一律で30万ポイントだ。3000万円を掛けて住宅を建設した場合、その還元率は1%にしかならない。1500万円で建てた場合でも2%だ。これに対して、10窓の内窓を取り付けた場合の材工込みの費用は65万~95万円(板硝子協会、(社)日本サッシ協会、プラスチックサッシ工業会、全国複層硝子工業会が共同で発行した「窓の省エネ・リフォーム」パンフレットを基にした参考工事価格)。発行ポイントは窓の大きさによっても違ってくるが、10窓で7万~18万ポイントになる。還元率は10%を超え、20%に達するケースもある。サッシを交換するケースや外壁を断熱リフォームする工事でも、エコ住宅を新築する場合に比べれば還元率は高くなるが、内窓ほどの還元率にはならない。家電のエコポイントの還元率が5~10%であることを考えると、住宅版エコポイントの還元率にはかなり大きな開きがあることが分かる。

 むろん、「内窓に人気が集中することはなんら問題ない」「一人でもエコ改修をする客が増えるのだから構わない」「取り付けないよりも取り付けたほうが、確実に省エネになるのだからいいじゃないか!」という見方もあるだろう。「せっかく盛り上がってきた断熱リフォームのブームに水を差すようなことを言うな!」とのおしかりを受けるかもしれない。だが、何かボタンの掛け違いがあるような気がするのだ。住宅版エコポイント制度では本来、還元率が高いという「お得感」ではなく、省エネに確実につながる「お得感」を消費者に実感してもらうことが大事なのではないかと思うのである。

 住宅版エコポイント制度の立ち位置が、温暖化防止を目的にしたものであるならば、省エネを確実に推進していくためにも、ランニングコストの低減を含めて、できるだけ性能の高いサッシを取り付けるようなインセンティブを与えるべきだったのではないか。事務手続きが煩雑になることを嫌ったのは分かるが、サッシの大きさだけでなく、性能に合わせて、発行ポイントをもう少しきめ細かく設定した方がよかった。せめて、これからの制度運用時に、サッシの性能と住宅全体の省エネ効果を消費者に対して明確に数値で示すなど、商品を選ぶための基本情報を的確に提供してほしいと考えている。

 内窓を取り付けるだけでも確かにそれなりの省エネにはなるだろう。だが、付与されたポイントに見合った省エネ効果は期待できないのではないか。景気浮揚のための緊急対策として設けられた制度とはいえ、やはり費用対効果は高い方が良い。エコ改修を一過性の流行に終わらせることなく、良好なストックを形成するための手法として定着させるためにも、効果=還元率ではなく、効果=省エネとして、消費者にその効果を実感してもらえるようにしなければならないと考えている。