いったん大臣認定を取得、再申請しないまま仕様を変更して不正に販売していたとして国土交通省が発表した38件の認定のうち、最多の12件を占めたのは、オフィス関連資材メーカー大手のイトーキ(大阪市)だった。同社は防火材料・耐火構造の大臣認定を合計43件取得していたが、そのうち3分の1以上で勝手に仕様を変更していた計算だ。最も古いものは31年前から販売していた。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら