閉じる

新潮流フォーカス

ケンプラッツ

目次

  • 内窓(3)框の寸法や質感「大差ない」はウソ

    住宅エコポイントの対象として注目を集めている内窓。「どの製品を選んでも差はありません──」と、説明しがちではないだろうか。だが、複数のメーカーの製品を横並びにして比較すると、思った以上に違いがあることがわかった。日経ホームビルダーは、コラム「とことん実証! 建材・設備」で、内窓の施工性やデザイン、性…

  • 内窓(2) 樹脂製枠のビスは締めすぎるとゆがむ

    住宅エコポイントの対象として注目を集めている内窓。「施工は簡単…」と油断していると、住まい手とのトラブルになりかねないポイントがあることがわかった。日経ホームビルダーは、コラム「とことん実証! 建材・設備」で、内窓の施工性やデザイン、性能などを検証し、このような施工時に注意したいポイントを探った。

  • 内窓(1) 住宅エコポイント対応の7製品を徹底比較<追加情報あり>

    住宅エコポイント対象の手軽な断熱改修の一つとして、内窓が注目を集めている。様々なメーカーが販売している製品に差はあるのだろうか――。日経ホームビルダーは、コラム「とことん実証! 建材・設備」で、内窓の施工性やデザイン、性能などを検証した。

  • 室内から外窓交換、YKK AP

    YKK APは、住宅の外窓を室内側から交換できる「スマートカバー工法」を開発。4月から販売する。既設の窓枠を残したまま交換するので壁工事が要らず、従来工法より交換費用や工期を削減できる。同社が展開する窓リフォーム市場開拓のための戦略的商品に位置づける。住宅エコポイントにも対応する。

  • YKK APが窓の専門店を全国展開、結露や防音の診断も

    YKK APは、住宅の窓リフォーム市場を開拓するため、建材流通店と協力して窓リフォームの専門店「MADOショップ」を全国展開する。生活者向けの営業力を強化する狙いだ。室内から窓を交換するスマートカバー工法を、MADOショップの限定商品として販売するほか、窓診断のサービスも提供する。

  • “気になる表情”の建材・設備

    東京・有明の国際展示場で3月9日~12日まで、「建築・建材展 2010」が開催された。ケンプラッツでは、テーマサイト「建材・設備ガイド」のレビュー会員に、プロユーザーの視点から「使ってみたい建材・設備」を選んでもらった。それらを2回にわたって紹介する。第2回は、住宅メーカー勤務の岡田修氏と、中澤建築…

  • 手軽なエコリフォームで使ってみたい建材・設備

    東京・有明の国際展示場で3月9日~12日まで、「建築・建材展 2010」が開催された。ケンプラッツでは、テーマサイト「建材・設備ガイド」のレビュー会員に、プロユーザーの視点から「使ってみたい建材・設備」を選んでもらった。それらを2回にわたって紹介する。第1回は、イン・ハウス建築計画代表の中西ヒロツグ…

  • 住宅メーカー各社がスマートハウス実証実験を開始

    住宅メーカー各社が、スマートハウスの実証実験を開始している。スマートハウスとは、家電や太陽電池などの設備機器を情報ネットワークでつなぎ、住宅全体のエネルギーマネジメントの最適化を図る住宅のことを示す。今回は、大和ハウス工業と積水ハウスの取り組みについて紹介する。

  • エコリフォーム(2) 主要メーカーの内窓をプロが評価

    ケンプラッツでは、主要メーカーの内窓5製品についてアンケート調査を実施。製品の認知度や採用経験、採用意向などを尋ね、690件の回答を得た。ここではアンケートで集まったコメントを紹介する。施工性やメーカーの対応、費用対効果の実感など、プロならではの視点による貴重な意見ばかりだ。内窓を選択する際の参考に…

  • エコリフォーム(1) もらえるエコポイント数と申請の注意点

    住宅版エコポイント制度がいよいよ始まる。ここではエコリフォームのうち「窓の断熱改修」について、もらえるエコポイント数のイメージ、工事や申請の期限などを解説する。また、エコポイント対象工事となる「内窓の設置や交換」「サッシの交換」「ガラスの交換」のお得度も比較する。

  • コンビニ各社が環境配慮型店舗オープン

    コンビニエンスストア各社は、相次いで環境配慮型店舗をオープンしている。省エネ設備を導入することで、店舗の付加価値の向上と電力削減を狙う。

  • ガスと電気を使うハイブリッド給湯器、家庭用で世界初

    ガスの瞬発力と電気の効率性を生かす――。ガス給湯器メーカーのリンナイは、高効率ガス給湯器「エコジョーズ」と、電気で湯をつくるヒートポンプ式給湯器の技術を組み合わせた「ハイブリッド給湯器」を4月2日から販売する。ガスと電気の「いいとこ取り」を狙った製品で、ガスと電気を併用する家庭用給湯器は世界初となる…

  • タンクレス便器(番外編3) どんな洗剤も大丈夫?

    タンクレス便器を選ぶとき、“汚れ”に対して不安や悩みを抱く建て主は少なくない。「各メーカーの製品で、汚れにくさや掃除しやすさに差はあるのか」といった質問を建て主から受けることもあるだろう。そこで、各メーカーの担当者に開発コンセプトや防汚技術について尋ねた。今回は、「どんな洗剤を使ってもいいのか」「汚…

  • 太陽光利用の一般層への認識進む、エコプロダクツ展

    環境配慮型製品・サービスの展示会「エコプロダクツ2009」が2009年12に開催され、省エネ・省CO2を実現する最先端の技術が公開された。特に目についたのは、住宅の太陽光発電を活用したシステムだ。

  • タンクレス便器(番外編2) 汚れにくいって本当?

    タンクレス便器を選ぶとき、“汚れ”に対して不安や悩みを抱く建て主は少なくない。「各メーカーの製品で、汚れにくさや掃除しやすさに差はあるのか」といった質問を建て主から受けることもあるだろう。そこで、各メーカーの担当者に開発コンセプトや防汚技術について尋ねた。今回は、「汚れを付きにくくする防汚技術」など…

  • タンクレス便器(番外編1) どうやって少ない水で流すの?

    タンクレス便器を選ぶとき、“汚れ”に対して不安や悩みを抱く建て主は少なくない。「各メーカーの製品で、汚れにくさや掃除しやすさに差はあるのか」といった質問を建て主から受けることもあるだろう。そこで、各メーカーの担当者に開発コンセプトや防汚技術について尋ねた。今回は、「少ない水で本当に汚物が流れるのか」…

  • LED電球(5) 落下の耐久性

    国内主要メーカーが販売する4000円前後のLED電球。室内空間における明るさはどうなのか、取り付け時に誤って落としてしまったらどうなるのか、点灯したLED電球が身体に触れてもやけどをしないのか──など、様々な実験を試みた。今回は、誤ってLED電球を落としてしまったときにどうなるのかを検証した。

  • LED電球(4) LEDは発熱しないって本当?

    国内主要メーカーが販売する4000円前後のLED電球。室内空間における明るさはどうなのか、取り付け時に誤って落としてしまったらどうなるのか、点灯したLED電球が身体に触れてもやけどをしないのか──など、様々な実験を試みた。今回は、LED電球を点灯した後に本体の温度変化はどうなるのかを検証した。

  • LED電球(3) 光源から離れたときの明るさは?

    国内主要メーカーが販売する4000円前後のLED電球。室内空間における明るさはどうなのか、取り付け時に誤って落としてしまったらどうなるのか、点灯したLED電球が身体に触れてもやけどをしないのか──など、様々な実験を試みた。今回はLED電球の明るさ(照度)の製品差が距離に影響するのかを検証した。

  • 小型で低価格も登場、電気自動車用充電スタンド

    電気自動車向け充電スタンドで、コンパクトな急速充電タイプや多機能型の一般充電タイプといった、これまでにない特徴をもった製品の市場投入が増えてきた。充電を短時間で完了する大容量の急速充電スタンドなどは、高価で大型なため、設置の対象が限られている。一般充電タイプでは、フル充電まで10時間前後かかるため、…

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る