神戸大橋わきで無人機のデモ飛行

 5月22日と23日の両日、神戸市内で建設IT関連のハード、ソフトが集結する「神戸清光EXPO2014」が開催された。

 展示会場には最新の3Dレーザースキャナーや地中レーダーなどの測量機器から、情報化施工システムなど、様々な建設IT関連の新製品が並んでいた。

「神戸清光EXPO2014」の展示会場(写真:家入龍太)

3Dレーザースキャナー(左)と地中レーダー(右)(写真:家入龍太)

 そして、この展示会の特別企画として、行われたのがUAVのデモンストレーション飛行だった。

空中撮影デモを行ったUAV。6つの回転翼が付いたかなり大型の機種だ(写真:家入龍太)

 デモ会場となったのは、神戸大橋わきの公園だ。開始予定時間が近づくと、100人以上と思われる見学者が次々と集まり、飛行準備の様子を見守っていた。

 デモに使われたUAVは佐賀市の島内エンジニアが所有するもので、6つの回転翼が付いたかなり大型のものだ。ミラーレスの1眼カメラを搭載し、3秒に1枚の写真を自動撮影するように設定されていた。無人機システム全体の価格は数百万円とのこと。

 パイロットを務めたのは、農薬散布などに使われる無線操縦ヘリなどでも豊富な経験を持つベテランで、風速10m/秒でも飛ばせる技術を持っているそうだ。

 空中に舞い上がったUAVは、まず低空でホバリングした。驚いたのはその安定性だ。少々風が吹いていても、搭載されているGPSとジャイロによる自動制御で、空中に“ピタリ”と静止するのだ。

空中に舞い上がったUAV(写真:家入龍太)

撮影用に搭載されたデジカメ(左)。地上の小型モニターにはUAVからの映像がリアルタイムに表示される(右)(写真:家入龍太)

 さらに、パイロットはコントローラーから手を離し地上に置いた。しかし、UAVは相変わらず空中にピタッと静止したままだった。

コントローラーを地上に置いたパイロット。しかし、UAVは空中に静止したままだった(写真:家入龍太)