タブレットPCとキーボードを分離できる東芝の「V713」

 マイクロソフトのSurface Proは、カバー兼用のキーボードを「後付け」する方式を採っていた。その逆の発想でノートパソコンからキーボード部分を「取り外し」するセパレート方式を採用した製品もある。その一例が、東芝が6月下旬に発売する新型ウルトラブック「dynabook V713/28J、V713/27J」だ。

 普段はキーボードと一体になっており、普通のノートパソコンと同様に使える。タブレットPCとして持ち歩く時には、ディスプレー部分をキーボードから取り外すと、独立して動作するタブレットPCに変身する仕組みだ。

 そのため、キーボードを備えたノートパソコンとしても、キーボードのないタブレットPCとしても使える。こうしたセパレート方式のタブレットPCは、数社から発売されている。

脱着式の新型ウルトラブック「V713」。ノートパソコンとしての使用時(写真:東芝)

モニターはキーボードからはずれるようになっている(写真:東芝)

タブレットPCとしての使用イメージ(写真:東芝)

 OSは64ビット版のWindows8で、CPUにはインテル Core i5-3339Yプロセッサーを採用。メモリーは4GB、記憶装置は128GBのSSDを使用している。ディスプレーにはタッチパネル付きの11.6型ワイド(16:9)FHD TFTカラー IPS液晶(広視野角/省電力LEDバックライト)で、解像度はフルハイビジョン相当の1920×1080ドットだ。キーボードを外したときの重さは約870g(V713/28J)と、「Surface Pro」より軽くなる。ただし、キーボード付きの重さは約1.47kg(V713/28J)と、かなり重い。

本体のほか、キーボード側にも様々なインターフェースが用意されている(写真:東芝)

デスク用とタブレット端末が兼用できるようなパソコンを望んでいた松井志夫氏(写真:Facebookより)

 「こんなパソコンを作ってほしいと、東芝や富士通、NECといったメーカーや商社に言い続けてきた」というのは、明和eテック(本社:愛知県豊田市)の理事を務める松井志夫氏だ。関東学院大学建築学科出身の同氏は2011年から2年間、トヨタ自動車の調達担当で年間数千台ものパソコンを購入していた。

 「高機能なパソコンとタブレット端末が1台で兼用できるようになると、デスク用とタブレット端末を2台持つ必要もなく、間違いなく便利だ。経営側のニーズとしても投資コストを節減できるメリットがある。欲を言えば、V713のような機種に携帯用キーボードのオプションがあると申し分ないのだが」(松井氏)。

 iPadやAndroidのタブレット端末が登場した時は、平らで携帯しやすいサイズや重量、タッチパネルによる機動的な操作、搭載された様々なセンサーやマイクなどを使った多機能性など、当時のノートパソコンとは違ったマシンという感じだった。

 しかし、タッチパネルを備え、Windows8で動くコンパクトなタブレットPCが登場し、本格的なキーボードと連動することでデスクトップ用パソコンとしても、タブレット端末としても機能するようになったことで、iPadやAndroid端末にはない利便性が注目されているのだ。