閉じる

イエイリ建設IT戦略

ケンプラッツ

目次

  • 建設業界のIoTを後押し!BIMライブラリーコンソーシアムが発足

    BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)では、パソコン上の3Dモデルに「BIMパーツ」と呼ばれる建材や設備の3Dモデルを配置しながら設計を進めていく。建築保全センターは、建材・設備の現行製品に対応したBIMパーツを集め、BIMユーザーにウェブサイトで提供するため「BIMライブラリーコン…

  • トンネル工事が変わる! ITで地山を見える化

    トンネル工事現場は、目に見えないほどのゆっくりした地山の動きや、前方に待ち構える地山の性質を、ベテラン技術者が限られたデータで判断しながら掘り進むのが一般的だった。しかし、最近は測量結果やセンサーの計測データによって地山の挙動を分かりやすく見える化し、施工管理に使えるシステムが登場してきた。

  • 側溝設置から除雪まで! ビジュアルな表示で測量が簡単に

    カーブした道路脇にU型側溝を設置したり、雪に埋もれたマンホールを探したりするとき、位置の特定には測量技術が欠かせなかった。ところが最近、GNSS(全地球測位システム)や室内の位置測定機器を使って、手軽に3Dで墨出しや測設、場所案内を行えるシステムが増えてきた。測量技術を意識せずに使える最近のシステム…

  • 全天球カメラを建設業で! 設備点検から3Dモデル作成まで

    シャッターを1回押すだけで周辺の上下左右360度を撮影できる全天球カメラ「THETA(シータ)」。建設業での活用も期待できそうだ。ダウンライトのソケットから天井裏を撮影する、全天球写真をトレースして部屋の3Dモデルを作る、ドローン(無人機)に搭載して現場を上空から記録するなど、様々なアイデアを紹介し…

  • プロのドローン飛行術! 建設業はリーダーシップを

    産業界ではドローン(無人飛行体)の有効活用や新ビジネスへの期待が高まっている。現場の測量や空撮など、ドローンを業務で活用する機会の多い建設業こそ、他産業に先駆けて安全運航を実践することでドローンの普及をリードする立場にある。プロのパイロットによる安全飛行術を、道路工事現場からリポートする。

  • 維持管理に!大林組がトンネル工事のCIMモデルを電子納品

    大林組は今年3月、和歌山県で施工した近畿自動車道紀勢線の見草トンネルが完成したのに伴い5月、施工管理で使っていたCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルデータを自主的に電子納品した。完成時のCIMモデルを残しておくことで、今後の維持管理に活用してもらおうという施工者の提案が…

  • ドローンとBIMで高速施工!米サクラメントのスタジアム現場

    米国カリフォルニア州サクラメントで建設中のスタジアムでは、施工管理にドローン(無人飛行体、UAV)を活用。空撮写真をもとに作成した点群データと、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)モデルを連携させて、工程管理にも活用している。大手建設会社、ターナーとイリノイ州立大学の研究チームによ…

  • インフラ維持管理を徹底省力化! 電機・通信大手の戦略

    高度成長期の1960年代に建設された社会インフラは、完成から50年を経過するものが急激に増えている。こうした背景の下、大手電機・通信会社が続々と社会インフラの維持管理に関連する新技術や新製品を開発している。その特徴は画像や音響、センサーなどに関する技術を斬新な方法で活用し、維持管理の省力化、低コスト…

  • 現場をPC上に出前!“3D写真”が変える設計、施工計画

    現場状況を隅々まで3D情報を持った写真データとして記録し、クラウドで配信する技術が進化してきた。そのメリットは現場に出張する費用や時間を節約できるだけでなく、必要な部分の寸法をいつでもデータ上で測れることだ。これまでは多くの設計者や技術者が現場に出向いていたが、これからは逆に現場の方がオフィスのパソ…

  • 3Dプリンターで鋼橋架設!世界初の計画がオランダで進行中

    オランダで3Dプリンターによる鋼橋架設プロジェクトが進行中だ。産業用ロボットに溶接機を取り付けたような3Dプリンターを開発し、鋼材を使って大きな部材を造形できるようにする。橋の形も、鋼板やH形鋼などを使った従来のものとは違い、生物をイメージさせるものになるかもしれない。

  • 産官学を牽引! 台湾大学BIM研究センターの行動力

    台湾大学土木工学科を母体に設立されたBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)研究センター(台大BIM研究中心)の活動は学術的な研究にとどまらない。ウェブサイトやFacebookなどのインターネットによる情報発信を駆使して、産官学のBIM活用を後押しするイベントや朝食会、コンサルティング…

  • 維持管理もビジネス化!台湾建設会社の驚異のBIM活用力

    台湾・台北市に本拠を置くある建設会社は、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)という言葉が生まれる前の1990年代後半から3Dによる設計・施工を行ってきた。現在は商業施設の維持管理にBIMを活用するなど、日本の大手ゼネコンに勝るとも劣らないBIM活用ノウハウを持っている。

  • 世界初! 台湾・高雄で“全線架線レス”の路面電車を建設中

    台湾・高雄で建設中のLRT(次世代型路面電車)は、全線にわたって架線がないのが特徴だ。また、軌道敷の80%には緑化が施され、駅舎も緑に覆われたデザインを採用するなど、景観や環境に配慮した設計になっている。従来の路面電車とは違ったLRTについて合意形成を行うため、高雄市政府は3Dやバーチャルリアリティ…

  • 土木だけじゃない! 砂子組が建築現場でも情報化施工

    北海道・奈井江町に本社を置く砂子組は、マンション建設現場4カ所で「3Dマシンガイダンス」を導入し、掘削作業の効率化にトライしている。土木工事で培った情報化施工のノウハウを建築分野にも広げようと始めた取り組みだ。

  • 精度の限界に挑む職人芸!清水建設の3Dプリンター活用術

    清水建設本社にある模型室には、石こうの粉末を固めて造形するタイプの3Dプリンターで製作した寺院やビル、構造模型などの建築模型が展示されている。手すりや外装材のテクスチャーなど、厚さや太さが1mm以下の精巧な部材も多い。石こうでは難しいとされていた高精度の模型は、同社の“職人芸”があって初めて実現した…

  • 真珠湾に沈む戦艦も再現! アリゾナ記念館を3Dモデル化

    1941年12月8日(日本時間)、旧日本軍の真珠湾攻撃で米海軍の戦艦「アリゾナ」が沈没した。その船体をまたぐように建設されたアリゾナ記念館を、3Dモデル化するプロジェクトが昨年、行われた。水上の建物や海中の船体を様々な手法で計測した3Dデータを、CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリ…

  • 点群とBIMが急速接近! 米国で見た最新動向

    3月30日から4日間、米国・ヒューストンで開催された3Dレーザースキャナー関連のイベント「SPAR International 2015」(以下、SPAR2015)では、既存の建物や構造物を点群データとして計測するだけにとどまらず、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)との高度な連携…

  • ExcelでBIMモデル! 開発した設備技術者が博士号

    須賀工業の三木秀樹氏は今年3月、首都大学東京から工学博士号を授与された。現在59歳の三木氏は、約20年にわたり社内外で3次元CADやBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の業務や技術開発で得た知見をもとに、BIMモデルを表計算ソフト「Excel」のマクロ機能を使って効率的に作成する方…

  • 人の動きを見える化!現場やオフィスはこう変わる

    病院などの建物や工事現場、街角などにいる人々の行動を解析し、人の体調や人間同士のコミュニケーション、群衆の動きといった複雑な現象が「見える化」できるようになった。ITを活用したこの解析を、建物の設計や現場の安全管理、そして防災対策に生かす取り組みが行われている。最新の4事例やシステムを紹介しよう

  • 世界の知恵を結集!福島第一原発の溶けた燃料の回収案を検討中

    東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故から丸4年がたった。現場では廃炉に向けての作業が着々と進む。次の大きな課題として立ちはだかるのは、メルトダウン(炉心溶融)した1号機~3号機の原子炉格納容器の中に溶け落ちた燃料をどう回収するかだ。資源エネルギー庁から選定された廃炉・汚染水対策事業事…

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

建築・住宅

もっと見る