今回の建設IT注目情報 ~大林組、NEC、ジャストの「構造ヘルスモニタリングシステム」~

 建物が地震に遭ったとき、構造部分のどこに損傷が発生しているのかを調べるのは大変な作業です。

 建物の外観で分かるものは少なく、内装部材や設備を撤去してみないと損傷の有無を確認できないことが多いですね。また、構造部材が見えたとしても、部材の強度を確かめるのは至難の業です。

 そこで、大林組、NEC、ジャストはこのほど、地震後の建物の損傷度合いを簡単に検知できる「構造ヘルスモニタリングシステム」を開発しました。

ナ、ナ、ナ、ナント、
 
地震時の揺れや音
 

で建物の損傷個所を割り出すものなのです。

 建物の揺れやひずみ、音などを検知するセンサーを建物のあちこちに数十カ所取り付けておき、地震が起こったときにそのデータを集めて解析。「危険」、「注意」、「安全」の3段階で表示することにより、損傷個所を素早く突き止める仕組みです。鉄筋コンクリート造の建物を対象に開発しました。

 ホンモノの地震を“実物大動的解析試験”の入力地震動として利用するところがユニークですね。既にこのシステムは、NEC玉川事業場60号館やジャスト本社ビルに設置し、モニタリング実証試験を開始しました。

構造ヘルスモニタリングシステムの概念図(左)と建物の柱上部に設置したセンサー(右)(資料、写真:大林組、NEC、ジャスト)

構造ヘルスモニタリングシステムを設置したジャスト本社(左)とNEC玉川事業場60号館(右)(写真:大林組、NEC、ジャスト)

 以前から、同様のシステムは開発されていましたが、高価なセンサーや解析ソフトのほかセンサーをつなぐ配線工事が必要でした。また、常時、電力を使用するためランニングコストも高く、気軽に設置できませんでした。今回、開発したシステムはこれらの課題を一気に解決したのです。