今回の建設IT注目情報 ~パナソニック「LUMIX Gシリーズ用二眼式交換レンズ」~

 家庭用では3Dテレビ、映画館では3D映画など、様々な3D商品の発売が増えている今年は、「3D元年」と呼ばれたりします。

 手軽に3D写真が撮れるコンパクトカメラも発売されていますが、レンズ交換式のカメラで3D写真を撮る場合、レンズとCCDを2組搭載したカメラなど、特別なカメラが必要でした。

 そこで、パナソニックは一眼カメラでも、高品質の3D写真を手軽に撮影できる新方式の交換レンズを開発しました。

ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、

 
一眼カメラに二眼レンズ

 

を取り付けるだけで、3D写真が撮影できるようになるのです。

 このレンズは同社のデジタル一眼カメラ「LUMIX Gシリーズ」用の交換レンズとして開発したもので、年内をめどに商品化を進めています。レンズマウント内部に二つの光学システムを内蔵しており、左右のレンズでとらえた画像を処理して、3D写真にするものです。被写体が動いていても左右の画像を同時に撮影できます

パナソニックが開発した3D写真撮影用の二眼交換レンズ(写真:パナソニック)

 3Dテレビを発売しているパナソニックでは、家族や風景の高画質3D画像を自宅の3Dテレビで楽しむことを想定しているようですが、建設分野でも新しい用途が広がるかもしれません。