今回の建設IT注目情報 ~大成建設、東光電気「T-Zone Saver」~

 人がまばらのオフィス全体にこうこうと照明がつき、空調が入っている状態をよく目にすることがあります。

 人がいないところではこまめに照明を消し、空調も弱めることができれば、相当、省エネも実現できそうですが、仕事に追われる毎日では、とてもそんな余裕はありませんね。

 そこで、大成建設と東光電気は人の在席状況に応じて、オフィス内のゾーン単位で空調や照明を自動的にコントロールする自動環境制御システム「T-Zone Saver」を開発しました。

 人がいるゾーンの空調や照明は快適に制御し、不在ゾーンの設定温度や照度は軽減します。 さらに在席率に応じて外気の導入を抑制し、空調負荷を低減します。その結果、建物全体で約50%のCO2排出量削減が可能になります。

その切り札は、ナ、ナ、ナ、ナ、ナント、
 
人とパソコンの発熱を区別
 
できる「次世代型人検知センサー」なのです。

 従来の人感センサーは、人の移動による温度変化とタイマー機能を組み合わせていたため、人がいても消灯するなどの誤動作がありました。

 今回、開発したセンサーは人体が発生する温度そのものを認識し、パソコンの発熱や日射による温度変化との識別ができるようになっています。そのため、机に向かって一心不乱に仕事に取り組んでいる人でも、在席か不在かを確実に見分けられます。

 このシステムは、東京・芝浦の東光電気社屋に設置し、このほど運用を開始しました。

次世代人検知センサーでゾーンごとに照明・空調を自動制御する「T-Zone Saver」(資料:大成建設)

照明・空調制御のイメージ(左)と「T-Zone Saver」を導入した東光電気の社屋「ブライトイースト芝浦」(資料、写真:大成建設)

 このシステムは、新築だけでなくリニューアル物件でも導入でき、オフィスビルのほかに病院や生産施設でも使えます。また、在席/不在情報をモニターできるのでセキュリティーや防災などの分野にも活用できるそうです。

 大成建設は、この技術によってCO2を半減する「ハーフカーボン建築」を達成したことになりますが、それだけでは満足していません。さらに高い目標を目指しているのです。