イエイリはここに注目した! ~人々の躍動感を3Dで表現~

 その作品とは、ソックス氏の「2ベッドアパート」(2 bed apartment by Socks)というものです。間取りだけをデザインしていますが、
 
生活シーンを3Dで表現
 
したものなのです。

ソックス氏の「2ベッドアパート」(2 bed apartment by Socks)の模型(写真:マテリアライズ社)

 模型の写真をよく見ると、ソファで語らう人、ベッドに寝そべる人、パソコンで仕事している人、トイレに座っている人など、様々な人の生活が再現されています。

 住宅のデザインは人の生活シーンがあってこそ、生きるものですね。様々なポーズの人間を自由に造形できる3Dプリンターの新しい使い方を提案した作品と言ってもよさそうです。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログは、http://www.ieiri-labo.jp/。ツイッターは、http://twitter.com/ieiri_lab