土砂崩れなどの災害現場では、人間が立ち入りにくい状況のもと、被害状況や規模の確認などを迅速に行うことが求められます。そこで日本建設情報総合センター(JACIC)が開発したのが、デジタルカメラで撮った写真から断面図の作成や土量計算、積算などを行える災害復旧効率化支援システム「Photog-CAD」です。今回は、広島県三次市の土木施工コンサルタント、シビル・ヒロの山中浩氏に、その使い勝手を災害現場で実際に試してもらいました。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら