既設の埋設物を避けるために、発注者と協議せず勝手に設計図と異なる位置へ管路を敷設。その結果、別の工事の支障となってしまい、4000万円掛けてやり直しせざるを得なくなった――。この施工不具合は、舗装会社大手の東亜道路工業が手掛けた現場で生じた。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!