浜松市の原田橋が倒壊し、隣で建設中だった新橋も損傷した事故で、市は7月29日、新橋の建設場所を約200m下流に変更する方針を明らかにした。事故原因となった崩落斜面の付近をボーリング調査した結果、予想以上に状態が悪かったことから、安全性を重視して建設場所を移すことにした。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!