9月1日の改正道路交通法施行に伴って運用が始まった「環状交差点」が、今年度内に15県の49カ所に増える見通しだ。従来の円形の交差点と異なり、改正道交法に基づく環状交差点では、進入車両に一時停止の義務はない。「止まれ」から「ゆずれ」へと、表示も変わった。

長野県須坂市で運用が始まった環状交差点(写真:須坂市)

整備前の須坂市の通称「A交差点」。5方向から集まる交差点を信号付きの十字路にすることも検討したが断念。環状交差点化した(写真:須坂市)

 環状交差点は、「環道」を持つ平面交差で、各都道府県の公安委員会が設置する道路標識などで環道を右回り(時計回り)に通行することを指定した交差点。交差点に進入した車両は環道を右回りに走行してから、任意の道路へ左折して出ていく。

環状交差点の標識(資料:警察庁)

 環状交差点は一般に「ラウンドアバウト」とも呼ばれる。信号機が不要なので、その設置費用や維持管理費を削減できるほか、信号待ちの時間を解消でき、停電時にも交差点の機能を維持できるなどの利点を持つ。

 全国には現在、円形の交差点が140カ所ほどあるとみられるが、そのうち、道幅や形状などで、ある程度の条件を満たしたものが環状交差点に指定される。

 改正道交法では、車両が環道を右回りで徐行すると規定。交差点への進入時に一時停止する義務は課していないが、環道を走行する車両の通行を優先する旨を定めた。長野県飯田市などに以前からあった円形の交差点では、環状交差点への指定に伴い、一時停止を廃止した。

 規定での「車両」には、自転車も含まれる。そのため、走行しながら右折するには、自転車であっても環道を右回りにぐるりと4分の3周しなくてはならない。

 警察庁によれば9月1日に環状交差点の運用が始まったのは東京都(1カ所)、茨城県(1カ所)、長野県(4カ所)、静岡県(3カ所)、愛知県(4カ所)、京都府(1カ所)、大阪府(1カ所)の7都府県。今年度中には宮城、埼玉、千葉、神奈川、石川、滋賀、宮崎、沖縄の8県でも、計34カ所で環状交差点の運用が始まる。

 長野県須坂市では、5方向から市道が交わる通称「A交差点」を環状交差点化し、9月1日から運用を始めた。同市ではランドマークとして機能することにも期待している。この環状交差点の様子は、須高ケーブルテレビのライブカメラで確認することができる。