東北縦貫線の2014年度開業後に再開発本格化?

 再開発が本格化するとすれば、現在は上野駅止まりの電車を東京駅に乗り入れ可能にする東北縦貫線が2014年度に開業してからだとみられる。東海道線や東北方面への路線は、それぞれ田町の車両基地と上野駅近くの尾久車両センターを使っている。東北縦貫線が開業すれば、両車両基地を一体的に運用できるようになり、田町側の機能を大幅に縮小できるからだ。

[関連記事]
品川新駅の衝撃、13haの巨大複合都市を創出(2014/06/03)
品川新駅で湧く近未来の“湾岸”鉄道網(2014/06/18)

東北縦貫線計画の位置図
(資料:JR東日本)

秋葉原駅の京浜東北線ホームから神田駅側を見る。外側に東北縦貫線の軌道があり、レールが既に敷設されている(写真:ケンプラッツ)

神田駅付近は、東北新幹線の上を東北縦貫線が通る(写真:ケンプラッツ)