旧車両基地跡地に新駅なるか

 田町の車両基地の移設によって、10~15haの用地が生まれる。山手線のなかで品川─田町駅間は約2.2kmと最も長いこともあって、新駅設置の期待が大きい。JR東日本は一度も正式に発表していないが、たびたび新駅構想に関する記事がメディアに上っている。

 両駅の中間には都営浅草線・京急線の泉岳寺駅があり、交通の要所になっている。山手線に新駅設置となれば、1971年の西日暮里駅以来となる。

 東京オリンピック・パラリンピックの2020年開催が決まり、JR東海が2027年開業を目指すリニア中央新幹線のターミナル駅が品川駅となることも正式発表されたので、新駅を含めた再開発構想がいよいよ具体化しそうだ。

 さらに、車両基地をかすめて海岸部を通り、羽田空港方面に向かう現在休止中の貨物線を活用して、JR東日本が新路線を整備する構想も浮上している。実現すれば、車両基地周辺は羽田空港と直結する交通結節点となり、価値が高まる。

使用停止前の7~8番線ホームから車両基地を見る。右奥に新車両基地、左奥に旧車両基地がある(写真:ケンプラッツ)

東京都が示す品川駅・田町駅周辺まちづくりの方向性
東京都が2007年に発表した品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドラインから抜粋。車両基地跡地を核にした「東京サウスゲート」構想を提示している(資料:東京都)

車両基地の直下を通る道路。車両の制限高さは1.5m。大きな人はかがまないと歩けない(写真:ケンプラッツ)

泉岳寺駅がある交差点。山手線新駅はこの付近に設置されるとみられている(写真:ケンプラッツ)