大林組が約10年前にクラレと共同で開発した高じん性の埋設型枠「スムースボード」が、覆工コンクリートや鉄道高架橋の高欄の補修・補強対策などで採用され始めた。一般的に埋設型枠は材料費が高く重厚なので、大型工事での適用はあっても小規模な補修工事での採用はほとんどなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら