戸田建設は、放射性物質に汚染されたコンクリートを破砕し、骨材としてコンクリートに再利用した際、通常の製造方法で放射線量を約40%低減できることを実験で明らかにした。今まで、汚染されたコンクリートは基本的に廃棄物として処理しており、再利用を前提とした実証実験は初の試みだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら