日立造船は、レーザースキャナーで計測したデータをもとに鋼橋の三次元図面を自動的に作成するソフトウェアを開発した。鋼橋の補強工事を中心に開発した技術を適用し、補強設計や施工計画の立案などに役立てる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら