インフラを今後も維持できるか否かを考えるうえで、前回は各都道府県のストックの量と財政状況との関係について取り上げた。今回は人口の推移に着目し、総人口や生産年齢人口の増減がインフラの将来に与える影響についてみていく。人口の減少によって1人当たりのストックが増え続け、多くの県で維持管理の負担が増していく。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら