技術士の試験が2013年度に大幅に改正される。第二次試験では必須科目に択一式試験が復活するほか、選択科目に課題解決能力を問う論文が加わる。さらに、技術的体験論文の廃止や口頭試験の見直しに伴って、業務経歴票の重みが増す。12月5日に公表された技術士第二次試験の実施大綱(案)を基に、改正・技術士試験の読み方を3回に分けて解説する。まずは択一式試験について考えてみよう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら