北海道北斗市に架けた北海道新幹線の橋で、桁下の高さが道路構造令の基準を56.5cm下回っていることが判明。(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構は10月22日、基準が求める4.7m以上を確保できるよう、同橋と交差する道路を掘り下げて補修すると発表した。桁下の高さ不足は設計ミスが主因だが、十分に照査しなかった施工者などにも補修費用を請求する考えだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら