(財)建設経済研究所と(財)経済調査会が共同で発表した「建設経済モデルによる建設投資の見通し」によれば、2013年度の名目建設投資は前年度比0.9%減の44兆1700億円。なかでも、名目政府建設投資は同7.1%減の17兆900億円に大きく落ち込むと予測している。東日本大震災の復興関連予算が12年度に順調に執行され、13年度への繰越額が減ると考えたからだ。政府建設投資が前年度を下回るのは10年度以来、3年ぶり。7月30日に発表した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら