発着能力の向上を目指す成田国際空港で、新しい誘導路の建設が進む。交通量の多い県道をまたぐ幅60mの「誘導路橋梁」には、橋上を通る旅客機の荷重条件と県道の建築限界をクリアするために、桁高1.5mの合成床版桁橋を採用した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら