施工を進めるなかで、発注者と元請け会社、下請け会社、そして住民という異なる立場が、それぞれお互いの利益や利便、利得を守り抜こうと話し合いが行われます。ここに、かけ引きや知恵を伴った話し合いが形成されることになり、これが交渉という場面につながっていくのです。この連載では様々なケースを取り上げ、交渉術について解説してきました。最終回となる今回は、交渉に欠かせないテクニックを改めてまとめておきましょう。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら