ハザマは、東日本大震災で発生したコンクリートがらの再利用を促進するため、既存の解体コンクリート塊再生利用技術を応用した再利用工法を開発し、実用化のめどを付けた。課題だった大粒径の粗粒材を使用した場合の密実性低下、付着した海水塩分の影響、重金属類などの有害物質の溶出も克服した。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら