首都高速道路会社は1月4日、「首都高速道路構造物の大規模更新のあり方に関する調査研究委員会(仮称)」(委員長:東京都市大学環境情報学部の涌井史郎教授)を設置すると発表した。同社が管理する道路構造物は老朽化に伴って損傷が増加傾向にあり、高架橋の造り直しなどを含めて構造物の維持管理のあり方を検討する。2012年内に中間または最終報告を取りまとめる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら