日本触媒と鹿島、清水建設、大成建設、北海道大学は共同で、耐凍害性を損なわずに鉄筋コンクリート構造物の乾燥収縮ひび割れを抑制する技術を実用化した。日本触媒が開発した乾燥収縮低減剤の「アクアガード」を使い、日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した。土木構造物への適用も可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら