9月29日午後9時ごろ、阪神高速道路会社が発注した大阪市道高速道路淀川左岸線の「正連寺川西工区開削トンネル工事」の現場で、正連寺川の仮水路を締め切っていた鋼矢板や土留め壁が延長約30mにわたって崩れ、開削部が浸水した。現場はその日の作業を終えており、作業員らに怪我はなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら