トルコのボスポラス海峡を挟んで、地下鉄の建設が進んでいる。大成建設と地元のガマ社、ヌロール社のJV(共同企業体)が2004年に着工した「ボスポラス海峡横断鉄道建設工事」だ。海峡直下に設けた沈埋トンネルと、アジア側、ヨーロッパ側の両方から掘り進めていたシールドトンネルが順次接合し、今年2月にはアジアとヨーロッパが1本のトンネルでつながった。そして今、最盛期を迎えているのが駅部の建設だ。その様子を現地からお伝えする。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら