長崎大学と佐賀大学、計測リサーチコンサルタント(広島市)、K&Tこんさるたんと(千葉県柏市)は共同で、専用のスキャナー装置を使ってPC(プレストレスト・コンクリート)構造物に作用している応力を測定する「スリット応力解放法」を開発した。計測結果からプレストレス量を推定できる。PC橋などの維持管理に際して、部材の状態を把握するのに役立つ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら