日立造船は米国のGPSソリューションズ社と共同で、GPS(全地球測位システム)を利用して電子基準点から約1000km先の潮位や地表の座標をリアルタイムで観測できるPPP-AR測位法を開発した。東日本大震災で、津波をできるだけ遠方で早期に検知する重要性が再認識された。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら