東日本巨大地震で、10mを超える津波が発生した可能性のあることが、建築研究所国際地震工学センターの藤井雄士郎主任研究員と東京大学地震研究所の佐竹健治教授の共同研究で明らかになった。太平洋沿岸にある気象庁の検潮所の波形データは、地震後すぐに送信が途絶えており、正確な津波の規模は把握できていなかった。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら